トラネキサム酸の効果

肝斑やシミ治療に使われている?

トラネキサム酸ってご存知でしょうか?
美白に関心のある方なら聞いたことはあるかもしれませんね。
トラネキサム酸は、肝斑やシミ改善のために美容目的で処方されたり、止血剤や扁桃炎,咽喉頭炎の保険診療の医療用医薬品としても一般的です。
さらに、トラネキサム酸配合の医薬品もあり、肝斑の外用薬、薬局でも取り扱う第3類医薬品や美白化粧品(医薬部外品)の成分としても使われています。

では、トラネキサム酸には具体的にどのようなはたらきやメリットがあるのでしょうか?

そこでこの記事では、ナールス美容医療アカデミーの「トラネキサム酸の効果は?肝斑などのシミ、出血性疾患の治療薬」を参考にしながら、トラネキサム酸の肝斑への効果、出血性疾患への使用方法、副作用、注意点などをご紹介します。

トラネキサム酸の基礎知識

トラネキサム酸は、人工的に生成されたアミノ酸の一種、つまりアミノ酸誘導体です。
さまざまな出血症状やアレルギーなどの発生の進展や治癒と関連するプラスミンのはたらきを阻止することで、止血作用や抗アレルギー作用、抗炎症反応効果を示します。
従来は、止血剤や抗炎症剤などとして保険診療で使われていましたが、今では美容医療でもよく使われています。
というのも、トラネキサム酸はシミや肝斑治療の第一選択肢として、非常に重要な内服薬だからです。
トラネキサム酸には2つの薬理作用があります。
まず、メラニン色素生成に関する「プロスタグランジン」の抑制作用です。
紫外線によって、表皮の奥にある「メラノサイト」と呼ばれる細胞がメラニン色素を生成するのですが、トラネキサム酸はメラニン色素をつくるのに重要な「プロスタグランジン」の産生を抑えます。

このはたらきによって、シミへの予防効果を発揮します。

もう一つは、炎症を抑制する「抗プラスミン」作用です。

トラネキサム酸は、血液が固まるのを防ぐ「プラスミン」のはたらきを抑制します。

このはたらきによって炎症を防ぐことから、メラニン色素が炎症を起こしている肝斑にも効果を発揮します。

トラネキサム酸の美白効果とは?

トラネキサム酸は、メラニン生成抑制(シミ改善)作用と抗炎症作用により、シミや色素沈着を改善させます。
シミやそばかす、肝斑は、皮膚のメラニン色素が過剰に生産されることによってできる色素沈着です。
特に、肝斑はメラノサイトが活性化しているシミなので、シミ取りレーザー治療を行うとかえって悪化する場合があります。
そのため、メラニン色素の生成を抑制する効果と炎症を抑える効果のあるトラネキサム酸の内服が、第一選択の治療法となります。
ただし、トラネキサム酸の効果には個人差があり、効果を感じるまでには時間がかかることがあります。
また、ビタミンCやビタミンEの内服、ハイドロキノンの外用薬などが併用されることがあります。
トラネキサム酸を内服薬として美容医療で使う場合は、次のような方に向いています。
 気になるそばかすを薄くしたい
 肝斑にずっと悩まされている
 炎症後の色素沈着を抑制したい

トラネキサム酸の止血効果のメカニズム

トラネキサム酸の主な止血効果のメカニズムは、血液凝固過程におけるフィブリンの生成と分解に影響を与えることにあります。
1) フィブリンの生成促進
トラネキサム酸は、フィブリンの生成を促進する作用があります。フィブリンは、出血部位で繊維状の網目構造を形成し、これが血小板を保持して血栓を形成します。このプロセスにより止血が完了するのです。
2)プラスミンの抑制
トラネキサム酸は、プラスミンのはたらきを抑制する作用もあります。プラスミンには、フィブリンを分解し、血栓を溶解する作用があります。トラネキサム酸の作用により、プラスミンのはたらきを抑えることで、止血作用を発揮させます。
以上のことにより、トラネキサム酸は、手術中や外傷時の出血を制御し、過度な出血を防ぐ効果があります。そのため、外科手術、歯科処置、産科手術などの多くの医療現場において、出血をコントロールする目的で広く使用されるのです。

トラネキサム酸の抗炎症効果のメカニズム

トラネキサム酸には抗炎症効果もあるとされています。以下に、抗炎症効果のメカニズムについて解説します。
1)プラスミン過剰生成の抑制
抗プラスミン物質であるトラネキサム酸には、炎症性物質の放出を抑制することで、抗アレルギー・抗炎症作用が期待できます。これにより、炎症部位への浸潤や浮腫の軽減も期待されるのです。
2)メラノサイトの抑制
トラネキサム酸の抗プラスミン作用は、メラノサイトの活性化を抑えることに役立ちます。抗炎症作用もあることから、紫外線による一般的なシミや肝斑、炎症後色素沈着の予防と改善に効果を発揮します。

副作用や注意点は?

トラネキサム酸の使用には副作用と注意点も理解しておく必要があります。一般的な副作用には、吐き気、下痢、めまいなどがありますが、重篤な副作用はまれです。
ただし、服用後に何らかの症状が出た場合には、服用を中止して医師に相談しましょう。
また、トラネキサム酸は、抗プラスミン作用から血栓症のリスクを増加させる可能性があります。

そのため、血栓症の既往歴やリスク要因を持つ患者の使用には注意が必要です。

治療薬としてのトラネキサム酸は、医師の指導の下、必要性が認められる場合は、2カ月以上使用することが可能です。
市販薬であるトランシーノⅡの場合、2カ月以上の使用は休薬期間が必要と記載があります。トランシーノⅡを服薬している場合は、2カ月で一旦、休薬しましょう。

まとめ

ナールス美容医療アカデミーの記事をもとに、トラネキサム酸の美白効果をはじめ、止血効果や抗炎症効果などをご紹介しました。
また、副作用、注意点などについても触れました。

この記事「トラネキサム酸の効果」を参考にして、美容目的で処方してもらう場合も含め、医師との十分な相談のもと、トラネキサム酸の使用を検討しましょう。